竜つによって変革する日本の食文化について

竜つによって変革する日本の食文化について

「流通経路の改革」と「収益構造の改革」を実現するために存在するのがプラットフォーム事業です。
泉卓真氏が代表取締役社長の株式会社いずみホールディングスがつくったシステムは新たなテクノロジーを活用するインフラとメディアを提供するという特徴を持っています。
生産・情報・物流・商品・決済といった分野で独自のシステムを担っているため食品流通を最適化することができるのです。

では、食品流通を最適化することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。
それは、生産量の増加とコスト削減です。
流通は商品の健全な循環を図るだけでなく、それらに関わるあらゆる効率を上げる効果をもっています。
そのため、生産者の所得も上がるのです。

また、マネタイズポイントが多様化するということも見逃せません。
今までは既存のルートにしか販売出来なかった生産者も日本卸売市場のようにオンラインで販売することによって、新しくマネタイズすることが可能になっています。
株式会社いずみホールディングスの取り組みは多くの食文化に貢献しているのです。